君に届くな

好きだけど届くな それが幸せ

rom&ndへの大きな愛を語る

自分への誕生日祝いにiPadBluetoothキーボードを購入し、ますますブログが捗りそうなしゃるろっとです。

 

rom&ndというコスメブランドをご存知だろうか。韓国でミン・セロムさんという美容系Youtuberが2016年に立ち上げたブランドなのだが、現在アジア圏を中心に流行りまくっている(らしい)。

わたしがrom&ndと出会ったのは2020年と遅めなのだが、オーストラリアに住んでいる間にもrom&ndの良さは噂で聞いていた。そして実際に使うとその優秀さに驚き、すっかり虜になってしまったのである。今回はそんなrom&ndの魅力について書いていく。


発色がいい

一昔前のプチプラコスメだと塗っても塗っても色が出てこない(そして気づけば厚塗りになっている)とか、いざ塗ってみるとパッケージの色と何か違う……ということが多かったのだが、rom&ndはパッケージ通り見たままの発色だし、しかももちが抜群に良い。

韓国ではMLBB(My Lips But Better)という元々の唇の色味に近いもののより綺麗に見せてくれる色が人気だそうで、しっかりと発色するのに印象はナチュラルに仕上げてくれるのは本当にすごいなぁと思う。


パーソナルカラーに合わせた色展開

ディレクターのミン・セロムさんはカラーリストとしても活躍しており、「流行りのコスメなのに、自分の肌に乗せたら何か違う……」となった経験からコスメに関する考察が始まったそう。公式で「イエベ向き」「ブルベ向き」とアナウンスされている商品もあればそうでないものもあるのだが、美容系が蔓延るこの時代 調べればいくらでも出るので……(突然の投げやり)

わたしが中高生の頃は姫系が流行りで(今でいう量産型?)、益若つばささんや菅野結以さんなど世の中の可愛い女子は皆お人形!青みピンク!みたいな感じだったのだが、イエベのわたしにはまぁ〜〜似合わなかった。服や小物、明るい髪色で雰囲気を作って何とか姫系に擬態してたものの顔単体で見たら浮きまくってたなと振り返る。10年くらい前にパーソナルカラーという概念とrom&ndがあればなぁ。

ちなみにrom&nd社内にはブルベ社員が多いらしく、売れ筋はイエベ向け商品であるものの全てのブルベを救おうと商品開発を頑張っているそうな。


豊富なカラバリ

rom&ndの看板商品といえばジューシーラスティングティントだと(勝手に)思うのだが何とその色数25色!小学生の色鉛筆か!?その上さらにコラボ限定色などもあったりするので数の多さを考えるだけで気が遠くなっていく。

ジューシーラスティングティントは、ティントでありながらグロスのようなツヤっとしたとした仕上がりになるのだが、マットな仕上がりのゼロベルベットティントや、よりグロスに近いテクスチャのグロスティングウォーターティントもあるのでテクスチャ違いまで入れたら唇何個あっても足らんやんってなる。これだけあれば絶対お気に入りの一色が見つかるはず。ちなみにわたしの推しは♯07 JUJUBU。


名前が可愛い

化粧は塗れればいい、という気持ちも大変よくわかる。よくわかるのだが、戦隊モノの登場人物にかっこいい名前の必殺技があるように、素敵な名前はここぞという時のお守りになるような気がする。

rom&ndのシリーズはどの名前も可愛いのだが、一推しはリキッドグリッターシャドウ。全4色でそれぞれスターダスト、ローズスター、イブニングスター、フローズンスター。めちゃくちゃ可愛くない!?!?可愛い名前はもちろん、名前だけでパッと色味が想像出来るのもいい。

 

拙い文章ではあるが、少しでもrom&ndの魅力が伝われば嬉しいなと思う。最後にしゃるろっとのrom&ndコレクションを見ていただきたい。

f:id:saikyo_monaka:20210704212045j:image

rom&ndに絶対ハズレはないだろうとクッションファンデも注文した。現在はるばる韓国から運ばれているところ。

美容アカ風に手首のスウォッチも試みたのだが、腕のスベスベケブカガニが写ってしまったので断念。こまめに毛は剃りましょう……。

 

ミン•セロムさんが自らメイクをしていく動画。クッションファンデの使い方に革命が起きる。